アニポとAniTubeとkissanimeの違いを詳しく解説していきます!


「解説が終わったら起こしてねー」

今回はアニポとAniTubeとkissanimeの違いを詳しく解説していきます。

アニポとAniTubeとkissanimeの違い

まず大きな違いとして挙げられるのは、アニポは「リーチサイト」だということです。

リーチサイトというのは「違法サイトへの誘導サイト」のことであり、リーチサイト自体も違法サイトに分類されます。

その一方で、AniTubeやkissanimeは「違法アニメサイト」です。

より具体的にいうと、著作権者に無断で市販のアニメ等がアップロードされている海賊版サイトです。

アニポのようなリーチサイトが、AniTubeやkissanimeのような違法アニメサイトへのリンクを掲載しているといった関係性です。

ちなみにアニポの運営者は不明です。ただ、(漫画村などの運営者としても知られる)「星野ロミ」が運営者ではないかという情報もあります。

AniTubeもkissanimeの運営者も不明ですが、おそらく外国人が運営している(あるいは運営していた)と思われます。

というわけで、「アニポ」と「AniTubeやkissanime」はサイトの性質・役割が違います。

ちなみにAniTubeとkissanimeの両者に違いはあまりありません。まあどちらも大手の違法アニメサイトです。

どのサイトも違法サイトであり、運営者は摘発される可能性がある

アニポのようなリーチサイト(違法誘導サイト)と、AniTubeやkissanimeのような違法アニメサイト、どちらの運営者も摘発や逮捕の可能性があります。

AniTube系列などはもうほとんど閉鎖に追い込まれていますね。

現在「Anitube」の名前が付いているサイトもただの類似サイト(本家のコピーサイト)ではないかと考えられます。本家は完全閉鎖しているのではないでしょうか。

kissanimeも一時的な閉鎖などが増えてきており、本家サイトの摘発も時間の問題ではないかと考えられます。

ちなみにアニポは現在、通信事業者等を通じてブロッキングされており、ブラウザによっては観られない状況です。セキュリティ的にも危険なので閲覧しないようにしましょう。

今後は海賊版サイトへの取り締まりは更に強化されていくでしょうし、そういったサイトの運営も難しくなってきている時代だとはいえます。

海賊版サイトは日本のアニメ文化を壊す

一ついえるのは、こういった海賊版サイトは、日本のアニメ文化を壊す要因になり得るということです。

かつて漫画村が「日本の漫画文化を衰退させる」と言われていたように、こういった違法アニメサイトが流行るとアニメ制作・製作サイドにお金が渡らず、日本のアニメ文化を壊すことに繋がり得ます。

まあそれ以前の問題としてセキュリティ的に危険なので利用しないほうがいいですが、文化の保護という観点からも利用しないに越したことはないです。

今はVODサービス(見放題サービス)なども充実しているので、そちらを利用するようにしましょう。そのほうが安全なうえに快適ですからね。

アニポ

※当サイトの掲載情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は公式サイトにてご確認ください。

【2020年最新】復活後のアニポ(anipo)は危険!代わりのサイトを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました