「ダンベル何キロ持てる?」はアニポで視聴するよりU-NEXTで観たほうがエチエチです。

「ダンベル何キロ持てる?」を視聴するならアニポはやめておいたほうがいいです。

アニポは現在、危険サイトとしてアクセス遮断(ブロッキング)されている現状です。

そのためセキュリティ的な観点から安全とはいえません。

より詳しくは下記の記事を参考にしてみてください(↓)

【関連記事】
【2019年最新】復活後のアニポ(anipo)は危険!代わりのサイトを紹介します。

「ダンベル何キロ持てる?」を安全に&高画質で観る方法

「ダンベル何キロ持てる?」を安全にU-NEXTがおすすめです。

全話・全期揃っていますし、読み込みも一瞬です。そしてアニポよりも高画質・高音質で視聴できます。

正直、高画質で観たほうがエチエチで楽しめます。もっとも筋トレアニメとしても最高品質のアニメですが……!

なお、U-NEXTは1ヶ月(31日間)の無料期間が用意されています。

このあいだに「ダンベル何キロ持てる?」を全部観て、無料期間のあいだに解約したら一切料金は掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントを利用して電子書籍(コミックス)を購入したりもできます。そのあとに解約しても全く問題ありません。

また、有料会員になった場合は毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントで毎月2~3冊の電子書籍(コミックス)が購入できたりします。

ちなみに私はU-NEXTdアニメストアの有料会員になっています。

アニメを観るならこの二つのサービスが最強です。特にU-NEXTはおすすめです。

より詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
アニポの代わりとなる安全なサービスのみを紹介

アニメ『ダンベル何キロ持てる?』のストーリー

『ダンベル何キロ持てる?』は「筋トレ」を題材にしたアニメ作品です。

主人公の女子高生、紗倉ひびきはダイエットを目的にトレーニングジムの「シルバーマンジム」に通うことになります。

そこで筋肉フェチのお嬢様である奏流院朱美(そうりゅういん・あけみ)や、シルバーマンジムのトレーナーである(一見爽やかそうな好青年ですが、服の下は異常なまでの筋肉に覆われている)街雄鳴造(まちお・なるぞう)など、個性的な人々と出会い、筋トレの魅力に目覚めていくといったコメディアニメです。

アニメ『ダンベル何キロ持てる?』の感想

この作品は最初はかわいい女の子を中心にした時々お色気シーン(エチエチシーン)もある、よくある美少女アニメかと思って見ていましたが、主題歌の時点で何か様子が違うと感じると思いました。

この主題歌「お願いマッスル」は主人公紗倉ひびき役のファイルーズあいさんが歌うのですが、何故か男性の妙な掛け声がところどころに挟まれていて、映像も筋肉を強調したカットが多く挿入されていて、ただの美少女アニメではないと感じさせます。

この「お願いマッスル」はボカロPとしても知られる「烏屋茶房」氏が手掛けていて妙な中毒性があり、掛け声は実際にボディビル大会で使われているものらしく、「キレてるよ!」「仕上がってるよ!」などはちょっとしたネットミームにもなりました。

ひびきと朱美を中心にところどころに筋トレの知識を挟みながら話は進むのですが、話が進むごとに分厚い筋肉の男の出番が増えていき、それがだんだん違和感がなくなってきます。主人公たちだけでなく、視聴者も筋肉の魅力に引きずり込まれるアニメかもしれないです。

この作品のある意味顔役でシルバーマンジムのトレーナーの街雄鳴造は一切嫌味がない好青年にして、トレーニングへの知識も深く、美少女アニメの観点からしても邪魔にならないといった絶妙な立ち位置で、ネットでは主役の美少女たち以上の人気を博している気がします。

実際に街雄さんのようなトレーナーがいたら教わってみたくなる説得力を持っています。

主人公・紗倉ひびき役のファイルーズあいさんは演技力の高さもありながら名前のインパクトもあって、何者かと検索した人も多いと思います。そのかたはエジプト人とのハーフで正真正銘の新人さんであり、日本の漫画を見て声優という職業を志したそうです。

また、奏流院朱美役の雨宮天さんはクールな役が多かったのですが、最近は三枚目の役も多くお嬢様的な要素と変態的なまでの筋肉フェチの一面を見事に演じています。

番組の最後には見ながら簡単にできる筋トレも紹介されていて、思わずやってみたくなります。

とにもかくにもおすすめのアニメです。

アニポ おすすめアニメ

※当サイトの掲載情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は公式サイトにてご確認ください。

【2020年最新】復活後のアニポ(anipo)は危険!代わりのサイトを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました