アズールレーンを視聴するならアニポはやめておきましょう。マクロな視点でもミクロな視点でも楽しめる良作です!

アズールレーンを視聴するならアニポはやめておいたほうがいいです。

アニポは現在、危険サイトとしてアクセス遮断(ブロッキング)されている現状です。

そのためセキュリティ的な観点から安全とはいえません。

より詳しくは下記の記事を参考にしてみてください(↓)

【関連記事】
【2019年最新】復活後のアニポ(anipo)は危険!代わりのサイトを紹介します。

アズールレーンを安全に&高画質で観る方法

アズールレーンを安全にU-NEXTがおすすめです。

全話・全期揃っていますし、読み込みも一瞬です。そしてアニポよりも高画質・高音質で視聴できます。

なお、U-NEXTは1ヶ月(31日間)の無料期間が用意されています。

このあいだにアズールレーンを全部観て、無料期間のあいだに解約したら一切料金は掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントを利用して電子書籍(コミックス)を購入したりもできます。そのあとに解約しても全く問題ありません。

また、有料会員になった場合は毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントで毎月2~3冊の電子書籍(コミックス)が購入できたりします。

ちなみに私はU-NEXTdアニメストアの有料会員になっています。

アニメを観るならこの二つのサービスが最強です。特にU-NEXTはおすすめです。

より詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
アニポの代わりとなる安全なサービスのみを紹介

アニメ『アズールレーン』のストーリー

別の世界から現れ、突如人類を侵略し始めた「セイレーン」。

未曽有の危機を前にして、人類は4つの勢力を中心とした「アズールレーン」という組織を結成し、これに立ち向かいます。

強大なセイレーンと戦ったのは、見た目は人間と変わらない少女達でした。彼女達はメンタルキューブを元に作られた存在であり、その身に秘めた艦船の力で戦い、遂にはセイレーンの侵略を退けます。

しかし、一時的に訪れた平和は、人類同士の仲違いによってまたも戦争の時代へ逆戻り。セイレーンの技術を利用すべきだと主張する重桜と鉄血がレッドアクシズを結成し、残ったユニオンとロイヤルから成るアズールレーンと対立します。

アズールレーンとレッドアクシズの戦いはどういった結末を迎えるのか。レッドアクシズはセイレーンの技術で何を企んでいるのか。そして、戦いに奔走する少女たちは何を想うのか……。

アニメ『アズールレーン』の感想

この作品の魅力は、なんといっても「ストーリー」と「キャラクター」の二つです。順番に『アズールレーン』の注目すべきポイントについて語っていきます。

アズールレーンVSレッドアクシズ

あらすじにもある通り、本作品はアズールレーンとレッドアクシズ、二つの勢力による戦いを描いたストーリーとなっています。

しかし、どちらが善でどちらが悪かという描かれ方はされておらず、両方の陣営のキャラクター達に焦点を当てた群像劇となっています。

そのため、それぞれのキャラに感情移入することが出来る点は、多くのキャラが登場する『アズールレーン』ならではの魅力だと思います。

また、戦争の要因にもなっているセイレーンの技術ですが、その秘密を握るのはレッドアクシズの重桜に属する赤城です。

彼女は仲間にもその秘密を明かしておらず、赤城が戦いの趨勢を決める注目すべき存在であることは間違いありません。

ミクロなストーリー

マクロな視点で見れば、本作の本筋は二大勢力の戦いですが、ミクロな視点でのストーリーも同時に描かれています。

ユニオン最強の空母と呼ばれながらも、戦う理由を見出せず、あくまで自分は兵器だからと己を顧みずに戦う、どこか危うげなエンタープライズ。

敵同士なのに交流を持ってしまい、大きな戦いの波に奔流されるジャベリン、ラフィー、綾波の三人の少女達。

こういった小さなストーリーの行く末に注目するのも本作の楽しみ方だと思います。

数えきれないぐらい登場するキャラクター達

本作では画面上を所狭しと埋めるようにたくさんのキャラが登場します。

原作ゲームを知っている方は、お気に入りのキャラが登場していないか探す楽しみがあるでしょう。

逆にアニメで『アズールレーン』に興味を持った方は、これから原作ゲームを始めるにあたって、気になるキャラを画面から探すのもまた楽しみとなるのではないでしょうか。

アニポ おすすめアニメ

※当サイトの掲載情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は公式サイトにてご確認ください。

【2020年最新】復活後のアニポ(anipo)は危険!代わりのサイトを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました